住宅ローン金利比較ランキング借り換えおすすめナビ【固定金利・変動金利最安の銀行は?】

固定金利・変動金利最安の銀行は?

どんな金利タイプがあるの?

住宅ローンを組む際には金利のタイプを選択することが出来ます。

金利のタイプは大きく分けて長期固定型金利タイプ、変動金利タイプ、固定期間選択タイプの3タイプです。

この金利タイプの選択は住宅ローンを返済する期間の市場金利の変動を考慮して選びましょう。

それぞれの金利タイプにはどんなメリット・デメリットがあるの?

長期固定型金利

長期固定金利タイプには長期に渡る住宅ローンの返済額が借入時に決まるので返済の計画が立てやすいというメリットがあります。

市場金利の影響を受けず安定した返済が可能なタイプですが、返済の年数が長い程基本金利が高くなり、他の金利タイプと比較すると金利が高くなっています。

市場金利が高くなるとメリットがあります。


変動金利

変動金利タイプは、これらの金利タイプの中で一番金利が低くなっています。

現在の超低金利時代では金利が1%を切るような商品も存在します。

ですが年に2回の見直しがありその時の市場金利に影響を受けますので返済金額が安定しません。

市場金利が現状のまま推移するとメリットがあります。


固定期間選択

固定期間選択タイプは、あらかじめ定めた期間の返済を固定の金利で行い、期間満了時に再度金利タイプの見直しを行います。

固定期間の金利は長期固定の金利よりも低く設定されていますが、見直し時の市場金利が現状と大差がない場合にメリットがあります。



フラット35のおすすめポイントはどこ?

住宅ローンの借り換えを検討中の時、「フラット35」という商品を見かけた事はありませんか?


フラット35は35年間金利が全く変わらないというのが最大の特徴です。


安定感を求める方におすすめのフラット35ですが、35年間という長い年月が補償されている代わりに、金利が高めに設定されているのが気になります。


金利が変わらない安心感は欲しいけれど、なかなかフラット35に決めきれない原因はここにあります。


最近この状況を変えられる商品が出てきました。フラット35Sという商品です。


住宅の性能がフラット35Sの基準に満たしていれば、選択可能となります。


この商品は当初の10年間、金利を1%優遇してくれる優れた商品になります。


住宅メーカーもこの基準を満たすものが、標準となってきているので借り換えをフラット35で検討しているのであれば、是非35Sで組むことをおすすめします。


またフラット35に限り団体信用保険の加入が任意となっています。


団体信用保険とは、契約者にもしものことがあった場合にローンが無くなるという制度です。


1000万円の借り入れにつき、年間36000円の保険料がかかります。


安心できる保険ですが、これに加入せず生命保険の収入保証で代用している方もいます。


収入保証はこれも契約者がもしもの時にお金を受け取れるものです。


毎月決まった額を受け取れる(契約した年数)ので、それをローン返済に充てる考えです。


これを一括で受け取ることもできます。この場合は毎月受け取った場合のトータルの額より金額が下がります。


そういったことを理解して自分自身で責任を持って、どの選択をするのか選ばなくてはなりません。

前の記事